動作の変更点: Android 14 以上をターゲットとするアプリ

以前のリリースと同様に、Android 14 にはアプリに影響する可能性のある動作変更が含まれています。以下の動作変更は、Android 14(API レベル 34)以降をターゲットとするアプリにのみ適用されます。Android 14 以降をターゲットとするアプリについては、必要に応じてアプリを変更して、下記の動作に適切に対応できるようにしてください。

アプリの targetSdkVersion に関係なく、Android 14 で実行されるすべてのアプリに影響する動作変更のリストも必ずご確認ください。

コア機能

フォアグラウンド サービス タイプは必須

Android 14(API レベル 34)以降をターゲットとするアプリの場合は、アプリ内のフォアグラウンド サービスごとにフォアグラウンド サービス タイプを 1 つ以上指定する必要があります。フォアグラウンド サービスのタイプには、アプリのユースケースを表すものを選択する必要があります。システムは、特定のタイプのフォアグラウンド サービスが特定のユースケースを満たすことを想定しています。

アプリのユースケースがこれらのタイプのいずれにも関連していない場合は、WorkManager またはユーザーが開始するデータ転送ジョブを使用するようにロジックを移行することを強くおすすめします。

BluetoothAdapter での BLUETOOTH_CONNECT 権限の適用

Android 14 enforces the BLUETOOTH_CONNECT permission when calling the BluetoothAdapter getProfileConnectionState() method for apps targeting Android 14 (API level 34) or higher.

This method already required the BLUETOOTH_CONNECT permission, but it was not enforced. Make sure your app declares BLUETOOTH_CONNECT in your app's AndroidManifest.xml file as shown in the following snippet and check that a user has granted the permission before calling getProfileConnectionState.

<uses-permission android:name="android.permission.BLUETOOTH_CONNECT" />

OpenJDK 17 の更新

Android 14 continues the work of refreshing Android's core libraries to align with the features in the latest OpenJDK LTS releases, including both library updates and Java 17 language support for app and platform developers.

A few of these changes can affect app compatibility:

  • Changes to regular expressions: Invalid group references are now disallowed to more closely follow the semantics of OpenJDK. You might see new cases where an IllegalArgumentException is thrown by the java.util.regex.Matcher class, so make sure to test your app for areas that use regular expressions. To enable or disable this change while testing, toggle the DISALLOW_INVALID_GROUP_REFERENCE flag using the compatibility framework tools.
  • UUID handling: The java.util.UUID.fromString() method now does more strict checks when validating the input argument, so you might see an IllegalArgumentException during deserialization. To enable or disable this change while testing, toggle the ENABLE_STRICT_VALIDATION flag using the compatibility framework tools.
  • ProGuard issues: In some cases, the addition of the java.lang.ClassValue class causes an issue if you try to shrink, obfuscate, and optimize your app using ProGuard. The problem originates with a Kotlin library that changes runtime behaviour based on whether Class.forName("java.lang.ClassValue") returns a class or not. If your app was developed against an older version of the runtime without the java.lang.ClassValue class available, then these optimizations might remove the computeValue method from classes derived from java.lang.ClassValue.

JobScheduler でコールバックとネットワークの動作を強化

Since its introduction, JobScheduler expects your app to return from onStartJob or onStopJob within a few seconds. Prior to Android 14, if a job runs too long, it stops and fails silently. If your app targets Android 14 (API level 34) or higher and exceeds the granted time on the main thread, the app triggers an ANR with the error message "No response to onStartJob" or "No response to onStopJob". Consider migrating to WorkManager, which provides support for asynchronous processing or migrating any heavy work into a background thread.

JobScheduler also introduces a requirement to declare the ACCESS_NETWORK_STATE permission if using setRequiredNetworkType or setRequiredNetwork constraint. If your app does not declare the ACCESS_NETWORK_STATE permission when scheduling the job and is targeting Android 14 or higher, it will result in a SecurityException.

Tiles のリリース API

For apps targeting 14 and higher, TileService#startActivityAndCollapse(Intent) is deprecated and now throws an exception when called. If your app launches activities from tiles, use TileService#startActivityAndCollapse(PendingIntent) instead.

プライバシー

写真と動画への部分的アクセス

Android 14 では、Selected Photos Access が導入され、特定のタイプのすべてのメディアへのアクセス権を付与するのではなく、ライブラリ内の特定の画像および動画へのアクセス権をアプリに付与できるようになりました。

この変更は、アプリが Android 14(API レベル 34)以降をターゲットとする場合にのみ有効になります。写真選択ツールをまだ使用していない場合は、アプリに実装して、ストレージの権限をリクエストしなくても、画像や動画を選択する際に一貫性のあるエクスペリエンスを提供することをおすすめします。これにより、ユーザーのプライバシーも強化されます。

ストレージの権限を使用して独自のギャラリー選択ツールを管理しており、実装を完全に制御する必要がある場合は、新しい READ_MEDIA_VISUAL_USER_SELECTED 権限を使用するように実装を調整します。アプリが新しい権限を使用しない場合、システムはアプリを互換モードで実行します。

ユーザー エクスペリエンス

安全な全画面インテント通知

With Android 11 (API level 30), it was possible for any app to use Notification.Builder.setFullScreenIntent to send full-screen intents while the phone is locked. You could auto-grant this on app install by declaring USE_FULL_SCREEN_INTENT permission in the AndroidManifest.

Full-screen intent notifications are designed for extremely high-priority notifications demanding the user's immediate attention, such as an incoming phone call or alarm clock settings configured by the user. For apps targeting Android 14 (API level 34) or higher, apps that are allowed to use this permission are limited to those that provide calling and alarms only. The Google Play Store revokes default USE_FULL_SCREEN_INTENT permissions for any apps that don't fit this profile. The deadline for these policy changes is May 31, 2024.

This permission remains enabled for apps installed on the phone before the user updates to Android 14. Users can turn this permission on and off.

You can use the new API NotificationManager.canUseFullScreenIntent to check if your app has the permission; if not, your app can use the new intent ACTION_MANAGE_APP_USE_FULL_SCREEN_INTENT to launch the settings page where users can grant the permission.

セキュリティ

暗黙的インテントとペンディング インテントの制限

For apps targeting Android 14 (API level 34) or higher, Android restricts apps from sending implicit intents to internal app components in the following ways:

  • Implicit intents are only delivered to exported components. Apps must either use an explicit intent to deliver to unexported components, or mark the component as exported.
  • If an app creates a mutable pending intent with an intent that doesn't specify a component or package, the system throws an exception.

These changes prevent malicious apps from intercepting implicit intents that are intended for use by an app's internal components.

For example, here is an intent filter that could be declared in your app's manifest file:

<activity
    android:name=".AppActivity"
    android:exported="false">
    <intent-filter>
        <action android:name="com.example.action.APP_ACTION" />
        <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
    </intent-filter>
</activity>

If your app tried to launch this activity using an implicit intent, an exception would be thrown:

Kotlin

// Throws an exception when targeting Android 14.
context.startActivity(Intent("com.example.action.APP_ACTION"))

Java

// Throws an exception when targeting Android 14.
context.startActivity(new Intent("com.example.action.APP_ACTION"));

To launch the non-exported activity, your app should use an explicit intent instead:

Kotlin

// This makes the intent explicit.
val explicitIntent =
        Intent("com.example.action.APP_ACTION")
explicitIntent.apply {
    package = context.packageName
}
context.startActivity(explicitIntent)

Java

// This makes the intent explicit.
Intent explicitIntent =
        new Intent("com.example.action.APP_ACTION")
explicitIntent.setPackage(context.getPackageName());
context.startActivity(explicitIntent);

実行時に登録されるブロードキャスト レシーバでは、エクスポート動作を指定する必要がある

Android 14(API レベル 34)以降をターゲットとし、コンテキスト登録されたレシーバを使用するアプリとサービスでは、レシーバをデバイス上のすべてのアプリにエクスポートするかどうかを示すフラグ(それぞれ RECEIVER_EXPORTED または RECEIVER_NOT_EXPORTED)を指定する必要があります。この要件は、Android 13 で導入されたこれらのレシーバー用の機能を利用して、アプリをセキュリティの脆弱性から保護するのに役立ちます。

システム ブロードキャストのみを受信するレシーバの例外

アプリが Context#registerReceiver() などの Context#registerReceiver メソッドを介してシステム ブロードキャストのレシーバのみを登録する場合は、レシーバの登録時にフラグを指定しないでください。

動的コードの読み込みの安全性を改善

If your app targets Android 14 (API level 34) or higher and uses Dynamic Code Loading (DCL), all dynamically-loaded files must be marked as read-only. Otherwise, the system throws an exception. We recommend that apps avoid dynamically loading code whenever possible, as doing so greatly increases the risk that an app can be compromised by code injection or code tampering.

If you must dynamically load code, use the following approach to set the dynamically-loaded file (such as a DEX, JAR, or APK file) as read-only as soon as the file is opened and before any content is written:

Kotlin

val jar = File("DYNAMICALLY_LOADED_FILE.jar")
val os = FileOutputStream(jar)
os.use {
    // Set the file to read-only first to prevent race conditions
    jar.setReadOnly()
    // Then write the actual file content
}
val cl = PathClassLoader(jar, parentClassLoader)

Java

File jar = new File("DYNAMICALLY_LOADED_FILE.jar");
try (FileOutputStream os = new FileOutputStream(jar)) {
    // Set the file to read-only first to prevent race conditions
    jar.setReadOnly();
    // Then write the actual file content
} catch (IOException e) { ... }
PathClassLoader cl = new PathClassLoader(jar, parentClassLoader);

Handle dynamically-loaded files that already exist

To prevent exceptions from being thrown for existing dynamically-loaded files, we recommend deleting and recreating the files before you try to dynamically load them again in your app. As you recreate the files, follow the preceding guidance for marking the files read-only at write time. Alternatively, you can re-label the existing files as read-only, but in this case, we strongly recommend that you verify the integrity of the files first (for example, by checking the file's signature against a trusted value), to help protect your app from malicious actions.

バックグラウンドからのアクティビティの起動に関する追加の制限

Android 14(API レベル 34)以降をターゲットとするアプリでは、アプリがバックグラウンドからアクティビティを開始できるタイミングがさらに制限されます。

  • アプリが PendingIntent#send() などのメソッドを使用して PendingIntent を送信する場合、ペンディング インテントを開始するために独自のバックグラウンド アクティビティの起動権限を付与する場合は、オプトインする必要があります。オプトインするには、アプリで setPendingIntentBackgroundActivityStartMode(MODE_BACKGROUND_ACTIVITY_START_ALLOWED) を含む ActivityOptions バンドルを渡す必要があります。
  • 可視アプリが、bindService() メソッドを使用してバックグラウンドにある別のアプリのサービスをバインドする際、バインドされたサービスに独自のバックグラウンド アクティビティの起動権限を付与する場合、可視アプリはオプトインが必要になります。オプトインするには、アプリで bindService() メソッドを呼び出すときに BIND_ALLOW_ACTIVITY_STARTS フラグを含める必要があります。

この変更により、既存の制限セットが拡張され、悪意のあるアプリが API を悪用してバックグラウンドから破壊的なアクティビティを開始することを防止し、ユーザーを保護します。

zip パス トラバーサル

Android 14(API レベル 34)以降をターゲットとするアプリの場合、Android は次の方法で ZIP パス トラバーサルの脆弱性を回避します。ZIP ファイルのエントリ名に「..」が含まれるか「/」で始まる場合、ZipFile(String)ZipInputStream.getNextEntry()ZipException をスローします。

アプリは dalvik.system.ZipPathValidator.clearCallback() を呼び出すことで、この検証をオプトアウトできます。

For apps targeting Android 14 (API level 34) or higher, a SecurityException is thrown by MediaProjection#createVirtualDisplay in either of the following scenarios:

Your app must ask the user to give consent before each capture session. A single capture session is a single invocation on MediaProjection#createVirtualDisplay, and each MediaProjection instance must be used only once.

Handle configuration changes

If your app needs to invoke MediaProjection#createVirtualDisplay to handle configuration changes (such as the screen orientation or screen size changing), you can follow these steps to update the VirtualDisplay for the existing MediaProjection instance:

  1. Invoke VirtualDisplay#resize with the new width and height.
  2. Provide a new Surface with the new width and height to VirtualDisplay#setSurface.

Register a callback

Your app should register a callback to handle cases where the user doesn't grant consent to continue a capture session. To do this, implement Callback#onStop and have your app release any related resources (such as the VirtualDisplay and Surface).

If your app doesn't register this callback, MediaProjection#createVirtualDisplay throws an IllegalStateException when your app invokes it.

非 SDK の制限の更新

Android 14 では、Android デベロッパーの協力と直近の内部テストに基づいて、制限を受ける非 SDK インターフェースのリストが更新されています。Google は、非 SDK インターフェースを制限する前に、可能な限り、その代わりとなる公開インターフェースを利用可能にしています。

Android 14 をターゲットとしないアプリでは、この変更の一部はすぐには影響しない可能性があります。ただし、現時点で(アプリのターゲット API レベルに応じて)一部の非 SDK インターフェースを利用できていても、非 SDK のメソッドまたはフィールドをそのまま使用し続けると、将来的にアプリが機能しなくなるリスクが高くなります。

アプリが非 SDK インターフェースを使用しているかどうか不明な場合は、アプリをテストして確認できます。アプリが非 SDK インターフェースに依存している場合は、SDK の代替インターフェースへの移行を計画してください。ただし Google も、一部のアプリには非 SDK インターフェースを使用する正当なユースケースがあると承知しています。アプリの機能に使用している非 SDK インターフェースの代わりが見つからない場合は、新しい公開 API をリクエストしてください。

Android の今回のリリースの変更について詳しくは、非 SDK インターフェースの制限に関する Android 14 での変更点をご覧ください。非 SDK インターフェース全般について詳しくは、非 SDK インターフェースの制限をご覧ください。