メッセージにアクションを追加する

Compose を試す
Jetpack Compose は Android の推奨 UI ツールキットです。Compose で通知を追加する方法を学習します。

Snackbar にアクションを追加すると、ユーザーがメッセージに返信できるようになります。これを行うと、Snackbar によってメッセージ テキストの横にボタンが表示され、ユーザーはそのボタンをタップしてアクションをトリガーできます。たとえば、メールアプリでは、「メールをアーカイブした」メッセージに「元に戻す」ボタンを配置するとします。ユーザーが元に戻すボタンをタップすると、メールはアーカイブから戻されます。

スナックバーと [元に戻す] アクション ボタンの画像
図 1. 削除したアイテムを復元する [元に戻す] アクション ボタンを備えた Snackbar

Snackbar メッセージにアクションを追加するには、View.OnClickListener インターフェースを実装するリスナー オブジェクトを定義します。ユーザーがメッセージ アクションをタップすると、リスナーの onClick() メソッドが呼び出されます。たとえば、次のスニペットは、元に戻すアクションのリスナーを示しています。

Kotlin

class MyUndoListener : View.OnClickListener {

  fun onClick(v: View) {
    // Code to undo the user's last action.
  }
}

Java

public class MyUndoListener implements View.OnClickListener {

    @Override
    public void onClick(View v) {

        // Code to undo the user's last action.
    }
}

いずれかの setAction() メソッドを使用して、リスナーを Snackbar にアタッチします。次のコードサンプルに示すように、show() を呼び出す前にリスナーをアタッチします。

Kotlin

val mySnackbar = Snackbar.make(findViewById(R.id.myCoordinatorLayout),
                               R.string.email_archived, Snackbar.LENGTH_SHORT)
mySnackbar.setAction(R.string.undo_string, MyUndoListener())
mySnackbar.show()

Java

Snackbar mySnackbar = Snackbar.make(findViewById(R.id.myCoordinatorLayout),
        R.string.email_archived, Snackbar.LENGTH_SHORT);
mySnackbar.setAction(R.string.undo_string, new MyUndoListener());
mySnackbar.show();
Jetpack Compose を使用している場合は、次の例に示すように SnackbarHost を表示できます。

Kotlin

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {

      super.onCreate(savedInstanceState)

      setContent {
          DACPlaygroundTheme {
              val snackbarHostState = remember { SnackbarHostState() }
              val scope = rememberCoroutineScope()
              Scaffold(
                  snackbarHost = { SnackbarHost(snackbarHostState) },
                  content = { padding ->
                      Button(
                          modifier = Modifier.padding(padding),
                          onClick = {
                              scope.launch {
                                  snackbarHostState.showSnackbar(
                                      message = "1 item removed",
                                      actionLabel = "UNDO",
                                      duration = SnackbarDuration.Short
                                  ).run {
                                      when (this) {
                                          Dismissed -> Log.d("SNACKBAR", "Dismissed")
                                          ActionPerformed -> Log.d("SNACKBAR", "UNDO CLICKED")
                                      }
                                  }
                              }
                          }
                      ) { Text("Show snackbar") }
                  }
              )
          }
      }
  }