Android ゲームの最適化

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このガイドでは、Android ゲームを最適化するための開発ツール、API、タスクについて説明します。これらのツールと API は、ゲームやグラフィックを多用するアプリで、パフォーマンスのボトルネックを見つけ、デバイスの制限を考慮しながら、サステナブルなレベルでパフォーマンスを最大化するように設計されています。

最適化タスク

ゲームの最適化のためのツールとライブラリ

  • Android GPU Inspector(AGI): ゲームやグラフィックを多用するアプリ向けに、GPU の高度なトレースと分析を提供する Andrdoid システム プロファイリング ツールです。

  • Android Performance Tuner(APT): ゲームの品質設定、シーン、読み込み時間、デバイスモデルに関連するパフォーマンスの問題を検出します。

  • Android Dynamic Performance Framework(ADPF): 各デバイスの動的温度、CPU、GPU の管理機能に基づいてゲームを最適化します。

  • Memory Advice API: メモリ使用量を推定し、しきい値を超えたらゲームに通知します。これにより、LMK を回避する最適なレベルを維持できます。

  • GameMode: ユーザー設定やゲーム固有の構成に基づいてパフォーマンスやバッテリー寿命などの特性を優先することで、ゲームプレイを最適化します。

Android アプリ最適化ツール

  • Perfetto: システム全体のパフォーマンス情報を収集し、ウェブベースの UI に表示します。

  • Systrace: システム アクティビティを記録し、パフォーマンスの問題の特定に役立つレポートを生成します。

  • CPU Profiler: リアルタイムで、または記録されたトレースを使用して、アプリの CPU 使用率とスレッドのアクティビティを検査します。

  • Meminfo: アプリのメモリ割り当てのスナップショットを記録します。この機能は meminfo dumpsys コマンドでも使用できます。

  • bugreport: デバイスのログ、スタック トレース、およびその他の診断情報を表示します。アプリのバグを見つけて修正するのに役立ちます。

  • GAPID: アプリによるグラフィック API 呼び出しをキャプチャして分析します。

設計の最適化

ゲーム設計ガイドラインには、Android ゲームをより高度に最適化するためのベスト プラクティスが記載されています。たとえば、デバイスの可用性に関する推奨事項や、ゲームアセットとグラフィック API の最適化方法などがあります。このガイドラインはゲームの設計時に使用すると最も効果的ですが、いつでも実装してパフォーマンスを改善できます。

詳しくは、設計の概要をご覧ください。